石窯パン19.08.05

                    今週末は、パンの会のお友達
              M&Mさん達が三日月はうすに遊びに来てくれました。

           前日の夜からパン生地をこねて・・・と計画をしていたのですが、
                 案の定、2人は友樹さんに捕まってしまい、
                  準備はひとりですることになりました。

                        =トラブル発生=

                最近石窯の時も(・・・やってないんだけど・・・)、
                       手ごねだったんだけど、
                    今日はちょっとお疲れ気味なので、
                      餅つき器を使うことにしました。

                2つ目までは、順調にこね上がったんだけど、
                   急に動かなくなってしまいました。
               ハネの内側に生地がまとわりついたせい?と、
                   きれいに取ったんだけど動かず。
                  仕方なく、あとの2つは手でこねました。


                    焼く当日は、3人で共同作業。
                  ひとりより時間の余裕ができますね。
                   薪割り、窯焚きと順調に進みました。


                 1本目は、シンプルカンパーニュとレザン。

f0100958_2155350.jpg

                    煙がおさまるのを待ってたから、
               カンパーニュの焼き色はいい感じになりました。

f0100958_2165666.jpg

           でも、温度が低かったせいか、焼くのに時間がかかったぁ。

f0100958_2195832.jpg

                    それにレザンは少し重い感じ。


               2本目は、フィグとクルミのカンパーニュとレザン。

f0100958_21111128.jpg

                   置きが少なくなってしまったので
               薪を足しながら焼いていたら、ススけた感じ?
                   レザンはそんなことないのになぁ。

f0100958_21125773.jpg

                 横にビローっと伸びた感じがあったけど、
               切ってみるときれいな焼き上がりになってる。
             少し温度が低くても、じっくり焼いた方がいいかしら?

                 最後は、ドライトマトとチーズのパン。

f0100958_21142949.jpg

               大型パンにしては、温度が低すぎたのね。
                 丸めが上手くできなかったせいか、
               ガスも上手くたまってくれなかったみたい。

f0100958_21154185.jpg

             ふくれ方も焼きもイマイチになってしまいました。


              最近、石窯の温度の上がり方が鈍い気がする。
            時間的には、同じようにしているはずなんだけどなぁ。

            次回は大型パンだけで、もう少し薪をたくさん焚いて
                   窯の温度を上げてみましょ。
[PR]
by moonwheat | 2007-08-05 20:53 | ishigama